ボイトレ

効果抜群!歌が上手くなるボイストレーニング【リップロール】のやり方とコツ

更新日:

どもども!TONY編集部です!

 

本日ご紹介するのは、基本のボイストレーニング「リップロール」。

「お家でできる」「一人でできる」「気楽にできる」

4拍子そろったこの発声練習。

毎日ちょっと続けるだけで、みるみる歌が上達する魔法の練習方法です!

 

ぜひ、この機会に押さえておきましょう!

 

リップロールってなに?

 

リップロールは、唇を合わせた状態で息を吹き込み、唇を「プルルルルルルルル」と振動させる練習法のこと。

よく幼稚園児がやるアレですね!

誰もが一度は目にしたこと・耳にしたことがあるはずです。

 

リップロールの効果

 

リップロールには、歌の上達において様々な効果があります!

  • 声帯周辺の血流がよくなり、声が出やすくなる
  • 低音と高音を行き来しやすくなる
  • 息を一定の強さでしっかりと吐けるようになる
  • 正しい音程が取れるようになる

ざっと挙げるだけでも、これだけのメリットがあげられます!

 

カラオケで歌う前の準備運動としてやるだけで、声の出方が全然違ってきますし、

毎日お風呂上がりにやるだけで(お風呂上がりじゃなくてもいいけど)、

どんどん歌が上手くなります。

やらない手はないですよ!!

正しいリップロールのやり方

 

ではここで、正しいリップロールのやり方をお教えします。

 

1、まず軽く口を閉じ、上唇と下唇をくっつける。(上の歯と下の歯は少し開いた状態に)

2、そのまま息を唇の隙間から吹き込み、唇を「プルルルルルル」と振動させてみる。
とまぁたったこれだけ。

 

でもこれ、意外とできない方も多かったりします。

僕の友達にやらせてみたところ、

「ブフゥ!」「プフゥ!」

と、息だけが漏れてしまう&唇の振動を継続できない、なんて人もチラホラいらっしゃいました。

上手くできない人は、

・唇に力が入ってしまっている

・息の量が多すぎるor小さすぎる

可能性があります。

少しやり方を見直してみましょう!

どうしても上手くできない方は、唇を水で濡らしてみるのも一手。

乾いた状態よりも格段にやりやすくなります。

 

一度コツを掴んでしまえば、誰でも簡単にできるはず!

NEXT>>> 【TONY厳選】リップロールを利用した練習方法5選!!

ページ: 1 2

> 続きを読む 



-ボイトレ

Copyright© TONY , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.