【元ボーカルが教えます!】ファルセットをカラオケで使いこなすためのコツ【練習方法付き】

 

どうもTONY編集部です!

 

突然ですが、皆さんは歌の上手い歌手と言ったら誰を思い浮かべますか??

EXILE、ONE OK ROCKのtaka、平井堅、玉置浩二、、、

思い浮かべる歌手は人それぞれかとは思いますが、その全てのアーティスト、実は例に漏れず、、、

 

ファルセット”を完全にマスターしています(マジで)。

 

つまり、ファルセットを極めることができれば、あなたもカラオケで一目置かれること間違いなし!

 

というわけで今回は、

ファルセットをキレイに出すコツや、練習方法、実際にファルセットを使える曲まで、

元ボーカルの私が、余すこと無くお伝えできればと思います^^

 

そもそもファルセットってなに??

実際のファルセットを聞いてみよう

なんとなく、ファルセットって言ってはいるけど、実はあんまり意味がわかってない…

という人のために、一瞬で理解できる方法を教えます!!

 

 

みなさんご存知であろうこの曲、高い部分は大抵ファルセットです!

まあ、つまりはファルセット=裏声ですね。

厳密に言うと違いはありますが、今日はその理解で進めていきましょう!

 

ファルセットが出る仕組み

 

体の仕組みに基づいて説明をすると、輪状甲状筋であったり、声帯筋がどうのこうのと、

すごい眠い話になってしまいますので、一旦ここでは無視します!!

 

完全に感覚的な意見にはなってしまいますが、要は

 

息の量がすごい多い歌声=ファルセット

息の量が少ない歌声=地声

 

この理解で大丈夫です!

(本当はミックスボイスであったり、ヘッドボイスというものが存在するのですが、

それはまた別の記事で詳しく説明します!)

 

試しに息を「はあ~」と吐きながら「あ~」と声を出し見ると、、、

 

なんとなくファルセットっぽいものが出た気がしませんか??

 

これをどんどんカッコよく歌えるよう練習を重ねていきましょう!

 

>>ファルセットの練習方法とは?!

最新情報をチェックしよう!