【元ボーカルが教えます!】ヘッドボイスをカラオケで使いこなすためのコツ【練習方法付き】

どうも!TONY編集部です!!

 

大好きなアーティストがなんかめっちゃ高音を出してるけど、

もはや地声って感じでもないし…でも裏声でもないしなぁ…?

って思うことありませんか?

それ、「ヘッドボイス」と呼ばれるものです。

 

今回は、ミックスボイス、ファルセットといった歌唱法の一つである

「ヘッドボイス」についてご紹介します!!

これをマスターすると、歌えるアーティストの幅がグッと広がりますよ!!

 

ぜひこの機会にマスターしてみましょう!

 

※ちなみに、これらと並んで解説されることが多い、

ファルセット・ミックスボイスについては、↓の記事でご紹介しています!!

【元ボーカルが教えます!】ファルセットをカラオケで使いこなすためのコツ【練習方法付き】

【元ボーカルが教えます!】ミックスボイスをカラオケで使いこなすためのコツ【練習方法付き】

こちらの二つの方が実際に歌うときに使うシーンは多いので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそもヘッドボイスって何やねん??

実際にヘッドボイスを聞いてみよう!

百聞は一見にしかず、ですな。

 

GLAYの名曲、「HOWEVER」を聞いてましょう!

この、ラスサビ前の

「誰よりも〜〜〜愛してるとぉ!!!」

の部分。音域的にいうと、【hiC】や、

「ゆっくりと〜〜〜歩きだすぅぅ!!!」

の部分。音域でいうと、【hiD】。

 

この部分が、いわゆるヘッドボイスというやつになります。。

普通高すぎて出ませんよね_(┐「ε:)_笑

 

ヘッドボイスを習得することで、声の低い男性諸君も、

超高音を出すことが可能になります。

 

ちなみに、jpopを歌うのであれば、【hiA】あたりを出すことができれば大抵の曲を歌うことができます。
(例えば、粉雪のサビ「こぁゆき」の「な」がhiA。。)

 

※ちなみにこの【hiA】付近の音というのも、男性諸君にとってはとても難しい高音なのですが、
ここらへんの音域はヘッドボイスというよりはミックスボイスという歌唱法の習得が必要になるんです…!
【元ボーカルが教えます!】ミックスボイスをカラオケで使いこなすためのコツ【練習方法付き】

 

ただ、ちょっと激しめのロックの楽曲(ワンオクとかB’z)とかを歌うとなると、上記に加えて

【hiB〜hiD】くらいの、いわゆる「超高音」が出てくることになります!!

 

これらをマスターしたければ、ヘッドボイスを習得する必要が出てくるのです!!

 

 

>>NEXT!!ヘッドボイスの正体は?

最新情報をチェックしよう!