【最新版】カラオケDAM×JOYSOUND比較!本当におすすめなのは?

ども、TONY編集部です。

 

「ご希望の機種ございますか?」

カラオケ行ったら受付で必ず聞かれる、この一言。

皆さんはいつもどうしていますか?

 

「採点したいしDAM一択!」

「曲数が豊富なJOYSOUND!」

「よくわかんないからいつもてきとー。。。」

 

様々だと思いますが…笑

実はこの機種の選択、カラオケを最大限楽しむためには意外と重要だったりするんです。

今回は、国内における二代カラオケメーカーである、カラオケDAMとJOY SOUND、

どちらがオススメなのか、様々な観点から比較して紹介していきたいと思います。

徹底比較!カラオケDAM×JOYSOUND 本当におすすめなのは?

DAMの特徴は?

まずそもそもDAMって何か。

DAMは、第一興商が運用する通信カラオケシリーズの総称であります。

JOYSOUNDに比べて後発(1994年発売開始)であるものの、その勢いは凄まじく、

1996年3月までに業界シェア首位の地位を確立。それ以降現在まで一貫して業界首位です。

DAMの最大の特徴は、何と言ってもその導入店舗の多さ。

基本的にはDAMもJOYSOUNDもどっちもおいてあるカラオケ店舗は多いものの、DAMの直営店であるビックエコーは全国でもトップクラスの店舗数を誇ります。(JOYSOUNDの直営店はそんなに多くないです。)

ビックエコーの記事についてはこちらも参考に!

https://tony-media.jp/?p=479

そんなDAMの強みをご紹介。

音質がスゴイ

まずはこれ。特に「DAM」は音が良いことを世に知らしめることになったのが、

2010年に登場した、「LIVE DAM」シリーズです!

なんとなく、カラオケの機種と言ったら1番にこれを思い浮かべる方も多いのでは…?

LIVE DAMの特徴は、その名の通りまるでLIVE会場にいるかのようなリアルなサウンドです。

唸るギター、迫力あるドラム、ズンズンくるベース音。

それまでのカラオケのピコピコ音の常識を覆しました!

 

より原曲に近い雰囲気で歌えるのはやっぱり気持ちいいですよねぇ。

このLIVE DAMシリーズももちろん年々進化しており、

昨年10月には、さらにパワーアップした【LIVE DAM STADIUM】シリーズの最新機種である

【LIVE DAM STADIUM STAGE】 をリリースするなど、その勢いは止まりません…!

 

採点がスゴい

あとは何と言ってもこれ。採点といえばLIVE DAMの「精密採点DX」が有名ですね。

メディア露出も多く、「関ジャニの仕分け∞」においてこの精密採点DXにおけるカラオケバトルが

お茶の間を賑わしていました。現在でも堺正章さんが視界を務める「THEカラオケ バトル」において、

採点バトルを目にするシーンも多いですね。

 

何と言っても、精密採点DXはその正確さがスゴイ。

ビブラート、しゃくり、コブシなどや音程に至るまで、正確かつ緻密に歌い手の声を分析し、採点して

くれます。

この採点をあげたいがために、カラオケに通いまくる人たちも続出。

 

最近では、前述の【LIVE DAM STADIUM】シリーズにおいて「精密採点DXミリオン」が新たに追加さ

れ、100点の上限を超えて得点が加算されるコンテンツや、音程のボーナスポイントやテクニックを連続

させる「コンボ」が新設され、その楽しさはもはや一つのエンターテインメント。

 

採点にこだわるならやはり、DAMに軍配が上がりそうです!

JOY SOUNDの特徴は?

対してJOYSOUNDはエクシング運用する通信カラオケシリーズの総称。

DAMが台頭する前までは業界1位のシェアを誇り、

現在においてもJOYSOUND MAXやJOYSOUND 響、JOYSOUND MAX2と言った最新機種を

続々とリリース。

根強い人気を誇るカラオケメーカーです。

そんなJOYSOUNDの強みとは…

曲数が圧倒的

はい。圧倒的なんです。その曲数はというと…業界トップの約28万曲に及びます!

DAMが約20万曲なので..その差なんと7万曲以上!

僕は昔バンドをやっていたので、その界隈の友達と一緒に結構マイナーなバンドの曲だったり、

HIPHOPを歌ったりするのですが、そこでいうとやっぱりDAMよりJOYSOUNDが強かったりします。。

「え!この曲カラオケで歌えんの!!!すげぇ!」

みたいな発見が結構多いです。

ちょっとみんな知らない曲を歌いたい…というならJOYSOUNDがおすすめ。

 

音質も最近めっちゃ上がってきた!

最新機種のMAXシリーズは、MIDI音源があたかも生演奏のような音源となる「X-Leben」を搭載。

これにより、LIVE DAMNI勝るとも劣らない圧倒的な音質を提供できるようになりました!

また、マイクエフェクトを自動で切り替えてくれる《オートボーカルエフェクト》も搭載しました。

 

現在となっては、DAMもJOYSOUNDも最新機種の音質はスーパーハイレベルなのであります。

ここまでくると、単純に入れた曲の雰囲気だったり、好みの問題となってくることでしょう。

 

結論!どっちがいいの?

採点重視ならDAM!曲数重視ならJOYSOUND!

ちょっと前までは、音響の差でやはりDAMに軍牌が上がるかな…?

といったところでしたが、今やJOYSOUND最新機種の音もめちゃくちゃいいので、

一概にどっちがいいと断定できるレベルではなくなってきました。

そんな中でも、やはりDAMは採点、JOYSOUNDは曲数といったハッキリとした強みがあり、

どちらかを重視するならば、その基準で選んでみるのがおすすめ。

 

メーカーだけでなく機種も重視しましょう。

一口にDAMだJOYSOUNDだといっても店舗によっては取り扱う機種の種類や数には限りがあります。

LIVE DAMシリーズは比較的多く、JOYSOUND MAXシリーズは少なかったり。

一昔前の機種だと、やっぱり全然音が違う,,,しょぼく感じる…なんてことも!

 

特に曲数や採点にこだわりがない人は、

メーカーというより最新機種を選ぶ!というのが一番良いかもしれませんね!

終わりに

いかがでしたでしょうか!

普段テキトーに選んでいるカラオケの機種も、ちょっと意識するだけで、

カラオケの楽しさが倍増するかもしれませんよ♪

ぜひ参考にしてみてください!

 

それではまた!

 

最新情報をチェックしよう!